FirefoxユーザがGoogle翻訳(Translate)の邪魔なポップアップを消す方法

ITリテラシー

FirefoxユーザがGoogle翻訳(Translate)の邪魔なポップアップを駆逐するための方法です。

以下が目次です。

Firefoxでの翻訳手段

Firefoxを使っていると、最新世代のEdgeやChromeのようにブラウザに翻訳機能がないため、Addonなどを追加して翻訳機能を補うしかありません。

恐らく多くの人がTo Google TranslateのAddonを使っていると思います。このAddonは実際のところ、translate.google.comにURLを投げ入れる手間を省略してくれているだけです。

translate.google.comの問題

さて、translate.google.comの機能で翻訳を行う場合、マウスをホバーさせると次のようなポップアップが表示されます。これ、邪魔すぎます。

これを取り除く方法をご紹介します。

解消方法

これを解決するために、新しくStylusというAddonを追加します。このAddonに設定を記述することでポップアップとハイライトを非表示にします。

Stylusの設定

Stylusはこちらからインストールしてください。普通のAddonと同様に簡単にインストールできます。

Addonをインストールをしたら設定を行います。Firefoxに追加されたStylusのアイコンをクリックし、管理へと進みます。

Stylusのアイコンをクリック→管理

すると管理画面が現れます。続いて、そのサイドバーにある新スタイルの作成をクリック。

管理画面→新しいスタイルの作成

新しいスタイルの作成画面になります。名前とコードを記述します。名前は適当でOK。コードはコピペしてください。画面に表示される邪魔なものを非表示にするだけのコードです。

#goog-gt-tt{
    z-index: -1 !important;
}

.goog-text-highlight{
    background-color: rgba(0,0,0,0) !important;
    box-shadow: none !important;;
}

最後に、画面下部の適用先の項目がすべてになっていることを確認し、保存をクリックします。

以上で、邪魔なポップアップが表示されなくなっているはずです!

やりがちなミス

やりがちなミスとして、画面下部の適用先がドメイン上のURL、translate.google.comとしていることがあります。これだと設定が反映されません。(専門的には、google翻訳のサイトがiframeという仕組みを使っているため適用先をすべてにしておかないと設定が反映されない、という仕組みになっています。)

まとめ

Google翻訳(Translate)の邪魔なポップアップを消すためにStylusをインストールし、ポップアップを非表示にする設定を行いました。

追記、もっと良い方法?

ウェブページを翻訳という名前からしてそのままのAddonがありました。そしてめちゃくちゃ動作が軽い。

ただ、このAddonには以下のような短所もあります。

  • 翻訳できないWebページがある
  • リンクテキストを翻訳するときに語順が入れ替わる(Wikipediaなどで顕著、誤訳が増える)

なので、この記事で解説した方法との併用が良いと思います。

ショートカットを使って高速翻訳

このAddonにショートカットを登録して利便性を高めましょう。

  1. Firefoxの拡張機能管理ページ(URL👉about:addons )を開く
  2. 歯車マークからショートカットキーの編集
  3. ウェブページ翻訳にショートカットを設定

ショートカットは「Ctrl+Space」とかがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました